シェアリングエコノミーの波が古賀にも。レンタル自転車をシェアする「ecobike(エコバイク)」が古賀にも登場!

台風の気配を感じつつも、秋の気配が日に日に濃くなるこの頃。

ふと、古賀市役所の本庁舎に行ったんです。自動車で。

そしたら、自転車置き場のあたりに、なにやら見慣れぬ自転車が新たに並んでいました。

2017年5月に「自転車活用推進法」が施行されたということで、交通手段としての利便性だけではなく、環境にやさしい移動手段であることや、災害時の機動性、健康増進への効果等から、自転車の利用が注目されています。

ふらりと古賀にやってきた方が、ちょっと自転車で旅を楽しんでみる…ということもあるでしょう。

そんなニーズに応えるべく、クレジットカードによる事前登録を前提にしつつ、スマホ一つで自転車を予約とその貸出をしてもらえるサービスが古賀にもやってきました。それは、「ecobike(エコバイク)」。

2018年9月の段階で、古賀市内に設置されたサイクルポートは3か所。古賀市役所の本庁舎と、保健関係の庁舎「サンコスモ古賀」、それに新原の「ひだまり館」の3か所です。

各サイクルポートには、最大3台の自転車が待機できるようです。

同社のサイト上から地図を参照すると、その時点でどのサイクルポートに何台の自転車が待機しているか(何台の返却スペースが残っているか)がわかるようです。

全国展開をしているこのサービスは、サイクルポート(自転車の保管場所)に空きさえあれば、どこにでも返却が可能だそうです。利用料は15分につき60円。

ということは、「福津や宗像から自転車に乗って古賀にやってくる(古賀で返却する)」とか、「古賀から自転車で出発して、宗像や福岡市内に向かう(そちらで返却する)」とかいう使い方ができそうです。もちろん、ふらりと古賀市役所にやってきて古賀界隈を自転車で移動して楽しむことも。海岸方面を走ってみたり、山のほうに向かって走ってみたり。いろいろ楽しめそうです。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください