古賀神社の放生会は9月28日・29日。土俵作りも行われて、準備が進んでいます。

毎年、9月28日と翌29日は、古賀神社の放生会が。

たくさんの露店がならび、
子どもたちや家族連れを中心に多くの方が
お祭りの雰囲気を楽しみます。

秋の豊穣と、そうした実りをもたらす生き物への感謝を届けるもので、古賀神社の雰囲気も変わります。

そんな中、9月15日にはある準備が。それは、奉納相撲のための土俵づくり。界隈の自治会の皆さんが、毎年順番で土俵作りを担います。

読者の方からご提供をいただきました。ありがとうございます。

雨になると使われないことも多いとされる土俵ですが、ここを舞台に活躍する子どもたちの姿が浮かびますね。台風24号、来ないでほしいなぁ…。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください