大根川に暮らす生き物たちの冬支度を調べてみた(11/23)

古賀の子どもたち向けに九州大学の学生教職員の方々と大根川の生態調査をしちゃう「冬を迎える前の川の生き物の不思議を探そう!」というワークショップが楽しそうだったので、参加してきました。

主催は、「古賀ふるさと見分けの会」のみなさん。古賀という「ふるさと」の大事なところ・ステキなところ・ちょっと乗り越えたらいいところを探して、寄ってたかって磨いちゃおうという団体さんだそうです。

20151123_川のワークショップd_ページ_1

当日の案内人は、九州大学の工学関係(河川工学)の分野でお仕事をされている富山雄太さん。特定非営利活動法人ふくおか湿地保全研究会の理事としても活躍中で、オイシイ魚が暮らせるような川づくりのための生態学や、その知識を活かしながら川に関する防災計画そして工事の仕方なんかを研究されてます。

DSC04897

九州を中心に全国各地の川という川を訪れての調査活動も精力的に行い、古賀にある大根川についても詳しく、「古賀ふるさと見分けの会」さんや、「薦野の歴史をつなぐ会」さん、それに福岡県庁&古賀市役所によるワークショップなどで講師やファシリテーター・インタープリターなどを務めたりしていて、「大根川に暮らす生き物」をよく知る専門家さんです。

現地に行く前に大根川の魅力や注意事項を

まず集合は古賀市役所の会議室。
こちらで、大根川の概要や、見に行く場所の特徴、期待される生き物なんかを簡単にパワーポイントを通じてご紹介。

DSC04710

古賀市役所のサイトによれば、昭和28年6月28日から降りはじめた雨は29日まで続き、古賀で最大の水害となり、死者10名、行方不明者5名、住宅24戸が全壊、床上浸水1403戸、橋梁も24流されたそうです。

この昭和28年水害をもとに、大根川の合流点を移し、川の流れを変えたそうです。その後も川からの水を活かして農産物をつくったり、いろいろなモノづくりに水を使ってきたりしてきました。これからも、きっと。

DSC04695

で、せっかく古賀市役所の高いところに来ているので、上から大根川を眺めてみたり。

DSC04698

DSC04701

ちなみにこの日は休日でしたが、古賀市役所の方々が、古賀市に暮らす人たちにとって大事な大根川のためだからと場所を貸してくれたそうです。さすが。

生き物の暮らしを探しに、大根川へ

で、さっそく大根川の現場に。

いきなり富山さん、魅せてくれます。いきなり投網をスパーンと!

DSC04762

また、子どもたちに網を持たせてくれて、いろんな生き物がいそうなポイント、網の使い方なんかを教えてくれて、それぞれ保護者またはスタッフと生き物探しにGO!

DSC04765_2

こんなでっかいカニも。

DSC04776

富山さん曰く、海の水と山からの水がまじりあう場所(汽水域)にしか住まない種類のカニだそうで、こういうカニがいる川は福岡都市圏ではかなり珍しく、古賀の川で取れるなんて!?と富山さん自身もちょっとビックリされてました。

源流から河口まで4kmほどで、一つの自治体の中で川の生まれから海への入り口まであるのも珍しく、山のミネラル成分が汽水域までやってきて生き物の暮らしを元気にしてくれているのも大きいよね、とも。

で、小一時間ほど大根川で生き物探しをすると、ある子のバケツの中身はこんな感じに↓

DSC04793

みんなが採集した生き物を観察しよう

そんなこんなでみんなで採集した生き物を観察します。

DSC04818

富山さんと学生さんたちが、どんどん「これは◎◎って魚」「これは◆◆」「これ●●」「えーこれ▽▽。だけど大根川にいるの?ヽ(゚∀゚)ノ」とか、種類を教えてくれます。正直、聞いていてそんなにいるんかい!とこちらもビックリ。

DSC04842

子どもたちも興味津々。生き物の不思議・疑問をどんどん質問していきます。

DSC04877

富山さんによれば、大根川の生き物がこれだけ豊かなのは、「上流からのミネラル分はじめ栄養がたくさんやってくる」→「水中や川辺にいろんな植物が根を張る」→「植物やプランクトンがたくさん川の中で育つ」→「植物やプランクトンを食べるエビやカニ、小魚が育つ」→「エビ・カニや小魚を食べる大きな肉食の魚が育つ」→「魚を食べる鳥がやってくる」→「鳥がフンをする」→「川の栄養が高まり植物やプランクトンが育つ」→以下繰り返し、って感じで、食物連鎖の流れが大きく、豊かな生態系が成り立っているから、とのこと。

こうした豊かな川が地元にあるってすんごくステキなことだよ。大事にしようね!とアツいメッセージが富山さんから古賀の子どもたちに。

DSC04891_2

話を聞いていて、普段は単に掛かっている橋を渡るだけだったんですが、これから川面や川辺の姿や、川の流れを意識して暮らしていこうかな、と思いを新たにしたところでした。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください