小学生のための「ジュニア女子ソフトボール体験教室」がはじまります。ボールの握り方やキャッチボールから。参加費無料!

古賀市では、けっこうスポーツが盛んです。その中でも根強いファンがいる競技のひとつは「ソフトボール」。

8小学校3中学校のグラウンドで、また、グリーンパークや小野公園などのグラウンドで、部活動や地域のオトナ、職場の仲間などでいろいろな世代のソフトボールチームが練習を重ね、活躍しています。競技として上の世界を目指すチームもあれば、競技を通した健康づくりや仲間の親睦を深める機会としているチームもあります。

そうした、ソフトボールを通じた笑顔の輪づくりに取り組む競技団体の「古賀市ソフトボール協会」が、未来のソフトボールプレイヤーを育てたい!と、この2018年の春から始めるのが「ジュニア女子ソフトボール体験教室」。

小学生の4年生~6年生の女の子向けですが、参加費は無料です。
会場こそ古賀東小学校のグラウンドですが、古賀市内はもちろん、市外からも参加を歓迎します!とのこと。

最近は、古賀でも小学校・中学校の少子化の流れがあり、児童生徒数の減少と、それに伴うソフトボール人口の減少の傾向があるそうです。チームに少なくとも9人は必要なソフトボールは、団体競技であるがゆえに、その影響も大きく…。

「ソフトボールを楽しみたいのに、仲間が集まらずに大会に出場できない」などの悩みを抱える子どもたちやソフトボールプレイヤーのために、競技団体としてできることはないかと探したのが今回の体験教室。

ボールの握り方やキャッチボールから、まずはソフトボールの世界の入口に一歩飛び込んでみるところから始める体験教室で、まずはこの世界の楽しさを知ってもらえたらいいなと、企画している役員さんが笑顔でお話してくださいました。

この春から、何か新しい楽しみを古賀で見つけたい小学生のみなさん(とその保護者の皆さん)、ソフトボールはいかがでしょう?

詳しくは、古賀市ソフトボール協会の事務局さんにお尋ねくださーい。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください