みかん狩りウォーキング【歩いてんDo好会】

11月16日(金)曇り空ながら、9時30分グリーンパークに集合。
コスモス市民講座で歩いてんDo好会が市民持込み企画で実現しました。
参加者は15名、市民講座スタッフは3名、Do好会員10名が皆さんといっしょに歩きました。

はじめに市民講座担当職員の魚谷さんからご挨拶、司会は市民講座スタッフのDo好会会員でもあるYさんが概要説明、講師のDo好会ベテランのKさんが手描きの地図を配ってコースの説明をしました。

ここで一言、Uさんが地図にある「ひんど橋」について漢字は何と書いてあるのか、そのいわれは?など軽妙に説明。
続いてSUさんがストレッチで準備運動をして、スタートです。

先頭はいつもSUさん手作り「歩いてんDo好会」のぼり、今日は「みかん狩り」の文字が書き添えられていました。
グリーンパークを出て横断歩道を渡り、最初にわたるのが「ひんど橋」。

一路青柳方面に向かい、五所八幡宮の鳥居前を通過して、太陽光パネルがずらっと山の斜面に設置されている光景を見ながら小竹(おだけ)信号へ。
角にミカン園「香林の園」があります。

入園料は無料、みかんは食べ放題、切り方を教わってからハサミとカゴを持って入ります。
今日は幼稚園や保育園の子どもたちが何組も来ていて可愛い声でにぎやかな
こと!
大半がおじいちゃん、おばあちゃんの一行はそれだけでも笑顔がほころんでし
まいます。

今年は入園者が多く、例年よりみかんはずいぶん少なくなっていましたが
、思い思いにみかんの木を選び、はさみをふるい、まずは口に入れて、皮は木の根元に捨て(肥料になるので)カゴに入れてゆきました。



ミカンの木はみかんに太陽が良く当たるように高さを制限し、横に枝を広げ植えてあるため、腰をかがめてみかん探しです。
40分ほどで、収穫したみかんを計量してもらいました。自分で選んだ新鮮なみかんが、1キロ200円という安さに皆さん大満足!

リュックや、中には折り畳み買い物カートを取り出し大量に持ち帰られた方も。

帰りは少しゆっくり歩き、五所八幡宮に立ち寄りました。
12名の方が、ムーミンの木と言われている大楠を眺めたり、神社で説明を聞きました。半数の人はそのまま下の道を歩いてゴールしました。12時前に全員そろって閉会の挨拶を交わしました。

時間も、距離もちょうど良かったのではないかと思いました。
講座ではアンケートを書いてもらいましたので、感想、評価が気になるところです

【連絡先】

【記事を書いた人】
今村 古賀の山、海、田園風景が大好きで古賀市に移り住んで12年。古賀を知ろうと歩き始め、ウォーキングの仲間たちと巡り合った幸せ。故郷島根県松江市の高校では考古学部出身、歴史好きの私の心をときめかしてくれる遺跡も出土し、歩く楽しみも一段とアップ。自然を守ること、ミステリーも大好きな好奇心旺盛な73歳。渡り鳥がたくさんやってくる福岡市の和白干潟を守る活動もやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください