桜咲く道めぐりウォーキング【歩いてんDo好会】

3月24日(日)桜まつりが開かれ、古賀を歩こう~歩いてん道ウォーク「桜咲く道めぐりウォーキング」がありました。
この日は快晴、気温13度、最高のお天気に恵まれまさにウォーキング日和!参加者は約120人(7㎞コース)でした。

8時に歩いてんDo好会メンバーは集合、市民グラウンドで準備に取り掛かり、受付など担当し、9時開会。
司会は会のベテランYさん。はっきりと丁寧に説明し、挨拶は
生涯学習推進課中村課長。
準備体操はSUさん、今日は初めて「しこ」を取り入れてみたとのこと。

大相撲の千秋楽でしたね。

9時10分先頭2人、Tさんと小さなのぼりを付けたNさん。
グラウンドを出て西部電機の桜並木に向かいます。


駅裏の60本の桜並木も、まだ花は2,3輪が開いた状態。
ここは駅の駐輪場近くで、駅のホームからもたくさんの人が満開も花吹雪も楽しめます。

次に踏切手前で案内するのはKIさん。
信号付近でYさん、KIさんが誘導。忙しいです。
古賀橋を渡り、鹿部山の皇石神社石段を上がり、展望台へ向かいました。


車いすやベビーカーの方は下の道路を迂回していただき、案内はKUさん。

展望台では青空の下、玄界灘も見渡せ、一息ついて桜が咲き始めた坂を下り、工業団地の中を行きます。

小牧公園は周囲を桜が囲んでいますが、残念ながらほとんど咲
いてなく、おもてなしの飴をもらって、次にくまや蒲鉾さんで試食が待っていました。

こどもたちも「おいしい!」とぱくついていました。くまや近くでは桜がきれいに咲いているところもありました。ケーキ工場、山崎パン工場、ハウス食品などの近くを通り、3号線バイパスの下をくぐり、大根川沿いの舗装されていない歩いてん道に出
ます。

この土手にはつくしがたくさん生えますが、もう終わっていました。子供たちも頑張ってゴールの市役所につきました。
ウォーキング参加者にはまつりの会場でルーマニア家庭料理「チョルバ」の試食券待っていました。トマト味、ミートボールの入った温かいスープで、とても好評でした。

東京オリンピックのルーマニア柔道のキャンプ地になっていることから関心を盛り上げようとされています。

今日は、晴天に恵まれ、例年より少し咲いた桜がみられて何よりでした。
子供たちも多かったのですが、事故もなく楽しく終わることができました。
私たちメンバーにも故障者がいますが、途中に車での移動を挟んで案内役を担当するなど役割分担をして全員が元気につとめを果たすことができ、満足しています。

最後に記念写真を撮って反省会をして帰途に着きました。

【記事を書いた人】
今村 古賀の山、海、田園風景が大好きで古賀市に移り住んで12年。古賀を知ろうと歩き始め、ウォーキングの仲間たちと巡り合った幸せ。故郷島根県松江市の高校では考古学部出身、歴史好きの私の心をときめかしてくれる遺跡も出土し、歩く楽しみも一段とアップ。自然を守ること、ミステリーも大好きな好奇心旺盛な73歳。渡り鳥がたくさんやってくる福岡市の和白干潟を守る活動もやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください