春の花鶴の河口と海を眺めてみよう。

古賀市の中心部を流れる花鶴川。

河口の界隈の海岸は,花鶴浜,花鶴浦などとも呼ばれています。

3月15日に、天気の良い春の光の下を散策した特派員的読者さんから現地レポートをいただいたのでご紹介。

出発はこちら。

地図としてはこのあたり。

かつて貝塚駅から津屋崎駅までを走っていた西鉄宮地岳線。
貝塚-津屋崎間20.8kmのうち、西鉄新宮-津屋崎間9.9kmが平成19(2007)年3月31日に惜しまれながら廃止。

2007年5月発行の古賀市役所さんの広報誌「広報こが」には、廃止の日のドラマが紹介されています。

上記2枚は、地図のあたりのかつての路線跡。古賀市内の路線跡のうち、このあたりは公園だったり散策路になったりしています。

ここを出発点として、花鶴川の西側をまず歩いてみますと…

西側の河口から、北のほうをみると、花鶴側東側河口の背景には津屋崎方面が。
大峰山かな?

さて今度は花鶴側の東側に。

橋の上から見た花鶴川。のんびりと水鳥や鯉が泳ぐ。左岸に見える樹木の奥が「古賀ゴルフクラブ」,その先にあるのは「古賀水再生センター」。
ちなみにこの橋、かつては宮地岳線が走っていた橋を歩道橋としてかけなおしたもの。

最後は、花鶴の浜辺から見た新宮町相島。

春の訪れは、河口の雰囲気からも。川面の動き、川の中の魚の群れや飛び交う鳥たち、空の青さに、春らしさを感じます。
古賀で、春の訪れを楽しむ散策はいかが。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください