「市長さんの資産公開制度」に基づいて、資産報告書の閲覧をしてみた

最近、県内の自治体で市長さん等の資産公開がどうのこうのという話が、ちらほら新聞なんかをにぎわしています…。

その意義等はちょっと横に置きまして、古賀市ではどうなっているんだろう?と思ったら、誰かが「毎年公開されてるはずですよー」と教えてくれました。

こんなルールだそうです↓

詳しいルールは長いので(←こら)、3行で要約すると

市長さんの分は

市役所の総務課で

閲覧できる

だそうです。

というわけで総務課さんをお尋ねしてみました

事前にお電話をして「ほんとに閲覧できるんですか?」とお尋ねしてみたら「もちろんです♪いつでもどうぞ♪」(←意訳)と明るく職員さんが教えてくれました。

ので、市役所第一庁舎の3階にある総務課さんへ。

「閲覧手続きお願いしまーす」とお願いしてみたら、「どぞー♪」と。

詳細な中身は置いときますが、ざっくりと閲覧した感想を要約して記載すると、「リスクを負って立候補しているだけあって、リスクマネジメント上は資産があるよね、そりゃそうですね」っていうところです。

その中身がどうとかいうより、「こういう手続きを経て、透明性というものが担保される仕組みになっているんだなぁ…。」「公開する市長さんも大変ねぇ…」「公開するための資料の準備や閲覧手続きする職員さんも大変ねぇ…」という民主主義のルールとそのコストに思いをはせた時間となりました。

閲覧手続きは、平日の8時30分から17時00分の開庁時間中であれば、総務課にお立ち寄りいただいたらどなたでも大丈夫ですよーとのこと。気になる方は、閲覧手続きをしてみてください。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください