NPO法人ウイッグリング・ジャパンの上田あい子さんの講演会がありますよ(6/27)

男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するために私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?ってことで、内閣府が言い出しっぺになって、毎年6月23日から29日までの1週間を男女共同参画週間として各地で集中的に取り組みが行われています。

古賀市では、今年はNPO法人ウイッグリング・ジャパンの上田あい子さんをお招きしての講演会が予定されています。

古賀駅にチラシが置いてあったのでご紹介。
定員100名。要申込。託児付。

ウィッグリング・ジャパンの活動は、抗がん剤治療の副作用を中心に、体にかかるストレスで抜けてしまうことが多い「髪の毛」に注目して行われています。抗がん剤に立ち向かう心と身体の負担、そして、脱毛することで受ける精神的負担。そういう負担を、多くの方々の支えを呼びかけながら、当事者の女性の方を支えようとしています。

20150430_古賀市男女共同参画上田あい子m_ページ_1

ウイッグリング・ジャパンの設立の前には、「自分が働きやすい社会、女性が働きやすい社会を作りたい。」と、テレビ局時代の経験を元に、映像・WEB制作など企業の活動を支える会社『P&Cプランニング株式会社』を設立。つまり、営利事業・非営利事業それぞれを立ち上げてビジネスを進めています。

6月27日の古賀市でのご講演では、こうした経験を積み重ねたからこそ得られた、上田さんなりの「自分ブランド」の作り方をご紹介いただける…のではないかと思います。聞き手の古賀の皆さんも、お一人お一人がこれまで・これからいろいろな経験を活かしていき、ご自身なりの「自分ブランド」をつくるヒントが得られるかもしれません。

女性の方はもちろん、そのパートナーまたはそうなりえる男性の方もぜひお話を聞いてみては?

職場で女性の方の活躍を支えたいと思っている、福利厚生担当者や経営者層・管理職層の方も、ワークライフバランスによる生産性向上の参考にされうるのではないでしょうか。

20150430_古賀市男女共同参画上田あい子m_ページ_2

余談ですが、こういうときの会場はよく古賀市中央公民館の大ホールか大会議室になっていることが多いんですが、めずらしく福岡女学院看護大学の大講義室だそうです。なんでかなーと思っていたんですが、新しい生涯学習センターの工事のために今年の6月22日から10月19日まで中央公民館ホール棟は臨時休館なんですね。

なんとなくそれで仕方なく福岡女学院看護大学に…という気配を感じますが、これから医療・福祉・保健・看護の分野で活躍される学生さんたちの学び舎で開催されるということは、これからの学生さんたちにとってもプラスになりそうですね。また、福岡女学院看護大学と古賀市が協定を結んで健康づくりに取り組んでいるそうなので、普通の市民にとっても同大学がもう少し近い存在になっていったら、いろいろ幸せになれそうな気がしてきました。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください