古賀市教育委員会のコスモス市民講座で【最近の結婚事情】を教えてもらってきた

コンカツ。

結婚希望の独身男女の皆さんが、近い将来にあたたかい家庭を築けるよう、素敵なパートナーとなりうる人との接点をみつけたり、信頼関係を重ねながら、結婚に向けて取り組むこと。そして、信頼を積み重ねるために、自分自身の魅力をみつけ、磨き、育てること。そうした結婚に向けた取り組みのこと。

一昔前なら、職場の上司の方など、人生の先輩方が寄ってたかってお見合いのお話を持ってきてくれたり、そんなお見合いの席に行く前にファッションチェックやリハーサルとかに付き合ってくれたりしていたみたいですが、最近はそうもいかないようです…?

ということで、古賀界隈でコンカツイベントにここ数年取り組んでいる特定非営利活動法人ZIPANGこがさんが、コスモス市民講座の「市民持ち込み企画」の枠を使って持ち込んだ講座。

ちなみに、「市民持ち込み企画」の仕組みはコチラ↓

13271378_1085556541510981_513752727_o

この日の講師は、特定非営利活動法人ZIPANGこがの理事長の原山さんと、ゲストとして福岡県内そして九州各地で各種のコンカツイベントの仕掛人として活躍中の小柳博之さん(エフコネクト株式会社)。

古賀でのコンカツイベントの現場から…

特定非営利活動法人ZIPANGこがのみなさんは、2012年から年に1~2回くらいのペースで、古賀を舞台に、結婚希望の独身男女のみなさんに出会いの場を提供する取り組みをしています。

古賀すたいるも、鬼王荘でのイベントや、グリーンパークでのバーベキューイベントや、古賀神社でのイベントあたりをレポートしてみたりしています。団体の自己紹介として、これらのイベントの雰囲気の紹介や、そもそもどうしてこういったイベントを企画するようになったかなどの経緯などがありました。

P1060172

かつてなら、お見合い・縁談のお話が近所や職場など地域の縁・職場の縁などを通じて舞い込んできました。また、結果として結婚につながるような、「家と仕事場以外の居場所」として、社会人のサークル活動や青年団などが活発だったそうです。

が、ZIPANGこがの皆さんも「なんか最近そういう話を聞かないなぁ」「その割に、ステキな人なのに結婚していない人多いなぁ」と思うようになっていたそうです。その一方で、親世代の集まりでは、「うちの息子/娘の結婚の気配がない…」と話題になることもしばしば。

じゃぁせめて、家と仕事場以外の居場所を若い人のために作ろう!と思い立ったのが、この活動の始まり。

P1060181

独身男女のために何度かイベントを開催する中で、みなさんが実感を深めていったのは、「おとなしいけれど、素敵な人がイベントに参加してくる」「だけど少し消極的で、ちょっと背中を押してあげたくなる」ということ。そして、今の時代なりに、独身男女の皆さんの背中をちょっと押してあげることが、ご家族はじめ、まわりに寄り添う方々にも期待したくなるということ。

というわけで、「最近の結婚事情」という事柄を、当事者の周囲で何らかの形で応援したいという方々とともに、より広域的・専門的な実践者の方をゲストとしてお招きし、学びを深めたいとのこの日の企画意図も紹介されました。

全国そして福岡県の独身者の事情を考える

そして登場するのが、「博多コン」シリーズの街コンはじめ各種のコンカツイベントのサポートをしている小柳博之さん。

P1060227

人口や所得、雇用の統計指標をもとに、社会全体の仕組みが変わってきたことや、新しい社会の仕組みならではの「結婚」「家庭」のイメージが追いついていないという指摘が。

そして、「男性が女性に求めるパートナー像」と「女性が男性に求めるパートナー像」のズレについても。

このズレを埋めるものとして、「結婚相談所」とか「マッチングサイト」とか「出会いイベント」とか「昔ながらのおせっかい焼きの方」とかの各種サービスがあり、それぞれの特性の紹介などがありました。

P1060246

ただ、このズレについては、「相手の立場や考え方をいかに理解できるか。」「どこまで譲りあえるか、どこまで許しあえるか。」といった【相手を思いやる気持ち】が男女双方にない限り残るもので、単にサービスを利用すれば結婚に行きつくものではなく、自分と向き合う機会も大切ですし、そういった機会を作る役割も大切との話も。

質疑応答の時間も

P1060249_2

2時間の講座のうち、約30分は、原山さんと小柳さんを囲んでの質疑応答の時間。

  • 親世代に何ができるか。
  • 非正規雇用の増加や、所得の格差が出る中で、結婚に踏み切る「決意」にどうしたら至るか。
  • 「専業主夫」はアリか。
  • 一口に独身といっても、初婚の場合や再婚の場合もあるよね。
  • 結婚って「勢い」だよね。そして、困難を二人で乗りこえるから結婚生活も楽しいよね。そして、きっとなんとかなるよね。

独身の人たちの結婚するんだ!という「心意気」が見たいよね!という声もありつつ、独身の方々に寄り添う親世代等の周囲の人々の「心意気」も必要だよね!という思いが会場の中に現れてきたような、2時間でした。

結婚をするなら古賀で。
結婚をしたなら古賀で。

そんな未来があるといいなぁ。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください