古賀市、正興電機製作所、福岡工業大学と連携協定!

2014072401

福岡工業大の研究シーズをIT、廃棄物処理に活用 – MSN産経ニュース

福岡工業大(福岡市東区)は23日、送配電設備などを手がける
正興電機製作所(福岡市博多区、福重康行社長)と、
福岡県古賀市とそれぞれ連携協定を結んだ。
福工大の研究を、正興電機の技術開発や、古賀市の産業振興など
地域課題の解決につなげる。

何だか、最近、古賀市の企業と、古賀市と、大学との
連携協定の話を、時々、聞くので取り上げてみました。


旧3号線沿いに、正興電機製作所さんありましたねー

大きい敷地でしたので、何の会社だろう?ってずっと思ってました。

電力、環境エネルギーの会社さんだったのですねー。
それなら、福岡工業大学にとっても、一緒に研究することで
実務的な産業を生み出せるかもしれませんねー。

古賀市も、イートピア古賀を始め、たくさんの工場があるので
そちらとの連携ができたら、またまた面白いことができるかも。

学生さんが、ちょこちょこ来てくれるような古賀になったら
面白いだろうなぁ。

【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください