東日本大震災の復興への思いを込めて、そばを打とう ~2015年、春~

去年も記事でお伝えした、玄海そば塾さんのチャリティそば打ち教室が、今年も開催されています。4月11日(土)までの期間で、遠賀信用金庫・古賀支店さんの市民ギャラリーで。

今年もお邪魔してみました。

P1000417

会場は、玄海そば塾のみなさんと、チャリティそば打ち体験へ参加されている方々でごった返しています。

また、同時開催として、米倉小夜子さんが主宰する「遊びま書教室」の生徒さんたちの作品群や、米倉さんとご縁がある書・染色・陶芸・木工工芸・布の絵本などの作家さんたちの手作り作品の展示会も併設されています。

P1000415

そば打ち体験の体験料と、手作り作品の売り上げの一部が、東日本大震災の被災地へ義捐金として送られていく仕組みです。

そば打ち体験は、材料の都合もあり、後述の通り予約制ですが、書をはじめとした作品の展示&即売会がありますので、「そば打ちってどんな感じでやっているのかな?」と見学をしたり、作家さんたちの作品を眺め手作りの中に込められた思いを受け止めに寄ったりするだけでも楽しめるかもしれません。

もちろん、単に会場の募金箱に志をそっと入れるだけでも。

P1000410

そば打ち体験は、材料費と指導料込みで1200円。1回で約5人分のそばが出来上がります。

手打ちそばは、市販のそばと製法や粉の成分が違うので、保存やゆで方にちょっとコツがあります。そんな保存・ゆで方についてのアドバイスもついてきます。

玄海そば塾さんの主なメンバーの方は、定年退職をして一段落した男性の方が中心です。いっちょ好きなこと極めたろうか!そんな思いで楽しく活動されています。バックヤード部門(ピンクのTシャツの方)は、どうもその奥様方が中心でもあるよう。夫婦そろって楽しめる活動ってステキですね。

実演を含め、親切丁寧に教えてくれます。人情味あふれる感じの暖かく厳しい、和気藹々とした感じで楽しく体験できます。接客業としての体験指導ではないので、それがまた魅力ですね。

P1000412

会場には、昨秋の第7回目に開催された「手打ちそば体験教室&作品展」の義捐金の送り先のご紹介が。前回は東北各県の保育園に贈られています。また、各県の保育所さんたちからは、子どもたちや先生方からのメッセージも。

P1000408

P1000409

この「手打ちそば体験教室&作品展」のうち、そば打ち体験は、材料の都合もあり予約制です。今日の時点で、10日・11日ともに大部分は予約が埋まっているようですが、時間によってはわずかに今からでも体験ができるようです。どーしても今回体験をしてみたい♪という方は、お電話か現地で空き状況を聞いてみて下さい。

P1000469

ただ、「玄海そば塾」さんは古賀で活動されていますから、今回の期間にこだわらず、体験の場はありますので、「そば打ち体験した-い」という方は、相談されてみるといいかもしれません。

参考記事:
東日本大震災への復興への思いを込めて、そばを打とう(2014年4月6日)

会場の遠賀信用金庫古賀支店
福岡県古賀市天神4丁目1−23
092-942-7171


大きな地図で見る

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください