期間限定の「清川リトル商店街」に、古賀のあの人のお店があります。7月31日まで!

福岡市中央区清川に、ちょっと変わった商店街が出現しています。期間限定で。7月31日まで。

清川リトル商店街」。

1970年代に建てられたマンションの、1階店舗スペースを活用して誕生した商店街。

13735755_1256723064348027_5001790374670600071_o2

フロアのうち、約1坪ずつのスペースをいろいろな人が期間限定で借りて、思い思いの商品を展示・販売しています。

そんな、ワクワクする人々が店を構え、ワクワクするお客さんたちが立ち寄り、さらにワクワクする空間の中に、古賀のあの人も1坪のスペースを使ったオーナーになっています。

13690925_1256731797680487_132603752492394681_o

そう。梯愛依子さん。

グラフィックハーベスティングという考え方の普及活動をしていたり

「さよなら研修棟イベント」の仕掛けに参加してくれたりしているあの人です。

ワークショップ掲示物

梯さんのお店の名前は「present」。

直接に古賀のものがおいてあるわけではありませんが、古賀で生まれ育った梯さんが、これまでに出会った全国各地そして世界各地の素敵なものが並んでいます。

13876629_1256723067681360_9055052248897078452_n

一つ一つ、作り手の思いやその方々の姿を思い起こしながらの梯さん自慢の商品が並んでいます。

kkhs2

以下、梯さんからのメッセージ。

自分のお店を持つなんて
夢にも思っていませんでしたが
小さなお店をさせていただいておりました。

一坪のモバイルショップを手作りして
好きなものに囲まれて
ユニークな出店者さんたちと軒を連ねて。
旅の写真(Charlieの作品)を初めてプリントしてパネル展示。
通い先の上毛町からおいしい羊羹やジャム、
豊前・森の学校で作られた純国産の木の雑貨、
など手づくりのやさしい品々を預かって紹介してきました。

旅先の話、里山の話、暮らしの話、食べ物の話、DIYの話、、、
小さなお店からいろんな話が広がって
お客さんで来てくださった方と盛り上がり
とうとう上毛町まで一緒に行ったこともありました。

いよいよ、7月31日までの期間限定
【清川リトル商店街】第1弾が幕を閉じます。
ぜひこの機会に遊びにいらしてくださ〜い!

私のお店【PRESENT】のお隣は、
八女・矢部村のこだわりのお茶農園の直売店♫
左隣は素敵なギャラリーを挟んで、
お疲れの方にオススメ、腕利きのもみほぐしのお店です◎
奥にはガレージカフェもあって、
コーヒーやかき氷を楽しみながら、本を読めちゃったりとか。
一言では伝えきれない、
なんか面白いひとときが過ごせるところです(^^)

もちろん、1つのスペースのオーナーの梯さんのお店だけではなく、梯さんが空間の構成員となって紡ぎだしている「清川リトル商店街」そのものもステキです。こういう空間が古賀にもあったらいいな。

「清川リトル商店街」の楽しみ方はこちら。

また、レポート記事もステキなものが多数。例えばこちら。

7月末までの期間限定で、まもなく終了してしまいますが、気になる方はぜひお立ち寄りを。

清川リトル商店街
住所:福岡市中央区清川2-4-29 新高砂マンション1F
営業時間:11:00~21:00

フェイスブックページもあります。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください