被災地の復興に向けて、ソバを打つ。そして、心をこめた手作り作品を愛でる。4月9日まで!

東日本大震災の被災から、年月がかかろうとも、まだまだ復興の道のりは続いています。ふるさとで暮らす方々の笑顔が戻るまでは、もう少し時間が必要なようです。

そんな中、今だからこそ、古賀でなんとか東日本の復興を支えようという動きも。

ここ数年の恒例となっていた、「玄海そば塾」さんのチャリティそば体験教室と、「遊びま書教室」さんの作品展。惜しまれつつも、今回で10回となることで、チャリティ行事一回区切りをつけるとのことですが、古賀から常に思いは被災地の復興へ。

それはさておき、さっそくお邪魔してきました。会場は、遠賀信用金庫古賀支店。

DCF00081

そば仲間と、書の仲間のタイアップは、来場者を迎える看板から。

DCF00080

会場では、「遊びま書教室」さんの先生やその仲間たちの皆さんが、心をこめた書と画が。

DCF00082

DCF00083

そして、思いに共感する手作りの作家さんたちも、同様にチャリティとして作品を出品中。

DCF00084

「そば打ち体験」でなくても、作品を愛でるだけでもむしろ来場歓迎。作品にこめた思いを受け取って、そこから被災地の復興に向けてあなたの思いを。そして、もし好みの作品があれば、購入してご自宅へ。この日の売り上げは、すべて被災地へ。

DCF00087

DCF00104

支援先の各地からもお礼のメッセージが

これまで9回の同様なチャリティイベントを重ねてきた「玄海そば塾」さんと「遊びま書教室」のみなさん。そして、会場をCSR活動の一環として提供されてこられた遠賀信用金庫さん。

そうした活動を積み重ねた結果、東北各地の被災地に古賀の思いを伝えてきたところ、各地の皆さんからも支援金の活用状況やお手紙などが。御礼を求めて活動しているわけではないものの、古賀の思いが伝わっている模様がわかります。

DCF00092

DCF00093

DCF00096

DCF00097

そばうちも体験してみた

DCF00149

そんなわけで、とあるシックでエレガントなお姉さんが「そばうち」を体験したい!とチャレンジされていました。

まずは、粉をもらって

DCF00141

まんべんなくひろげて

DCF00142

水を、適切なタイミングに適量いれて、

DCF00146

かき回す!

DCF00154

急がないと乾燥しちゃうよ~!と煽る先生。シックにエレガントに焦るお姉さん。

DCF00157

かき混ぜと、水を加えていくことにより、徐々に粉の粒子間に粘り気も出てきました。

DCF00177

そうこうしていると、かたまりに!

DCF00186

次の段取りのために、美しく形を整えて…

DCF00188

のばす!

DCF00192

さらに伸ばす!

DCF00195

DCF00198

このあたりになってくると、教え上手の先生方が寄ってたかって教えに来てくれるように。初心者でも安心。

DCF00202

そして、切る前の段取りとして、広げたソバを畳みます。

DCF00208

専用のそば切り包丁の持ち方から指導があって

DCF00212

細く、美しく、均等になるように…

DCF00215

DCF00216

さっそくチャレンジ!

DCF00222

なんか麺が太い気がするけど、気にしなーい!

DCF00224

そばっつーより、きしめんだねーとかみんなで笑いつつ

DCF00237

さらなるアドバイスをもらいながら

DCF00240

切り終えた!圧倒的な達成感!

DCF00242_2

というわけで、この日は、シックでエレガントなお姉さんの夕食は、自分が打ったソバ!

ゆで方のアドバイス(太い麺を先に入れて、あとから細い麺をいれるとかの(笑))もあり、また、おいしい手作りそばつゆも追加で販売もあり、おいしく一日が過ぎていきました。

12939608_985135218237442_1918184637_n

12969189_985135231570774_3988227_n

そんなこんなで、作品を見たり、そばをうったりして、楽しみながら被災地に思いをはせることができるチャリティイベント、皆さんもいかがでしょうか。9日までです。入場無料。

そばうちは、予約制なので、早めに会場で予約希望を伝えて空き日程を相談してみてください。そばが打てなくても、そばだけの購入とか、作品を愛でるとかだけでも。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください