夏の実りを堪能する「軽トラ市」にいってきました!

物流が発達して、全国各地の食べ物がスーパーで買うことができるような時代になりました。

それでも、畑から摘み取って、冷凍・冷蔵をしたりして、どうしても縮まらない距離と時間もあります。また、保存・保湿の技術が発達したとしても、運ばれる野菜にかかるストレスも、それはそれであります。

そんな中、新たな付加価値として、見直されているのが「地産地消」という考え方。地元で採れた野菜や果物を、地元で食べるということ。

そうした思いを持った古賀の農家さんたちが、古賀市役所の駐車場に集まって、「軽トラ市」をしています。軽トラに畑で野菜を積み込んで、そのまま市役所に乗り付けています。

そんな平成29年7月2日の軽トラ市に行ってきました。

出迎えてくれたのは、古賀のスイーツコーンの試食。なんと生で。これがまたアマーい!

会場には所狭しとトラックが並んでいます。今年はトラックごとにテントがついていました。野菜が傷まないのでありがたいですね。

場を盛り上げるステージイベントの準備があったり。

お買い物についてきた子どもたちが楽しめるようなビーズづくり体験コーナーなんかもあったり。

買い物をしながら、農家のおじちゃんおばちゃんお兄さんお姉さんと語らうのもまた一興。古賀の消費者と生産者の出会いが、ここに。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください