古賀市には、『明るく楽しくポジティブに!!』がモットーの日本一小さい営業マンがいます!【古賀すたいる広告】

古賀すたいるパートナーとして古賀すたいるの活動を支えてくださっている株式会社エー・ワイ・エスさんには
日本一小さい営業マンがいるということで、お話しを伺ってきました。

古賀の広報誌『こがんと』にも登場していましたのでご存知の方もいるのではないでしょうか。
明るく楽しくポジティブに!!とさまざまなことに挑戦している日本一小さい営業マンの山﨑海斗さん。
海斗さんは先天性多発性関節拘縮症という難病で生まれました。
関節を動かしにくい病気で背中に大きなボルトを入れていた時期もあるそうです。

幼少期にはつらいことも経験していますが、その経験さえも今は前向きに捉えている海斗さん。
障がいのある人のことをたくさんの人に知ってもらいたいとYouTubeをはじめとしたSNSでの発信を積極的に行っています。

バドミントンとの出会い

自分で時間割が作れて、体育の授業もレポート提出で大丈夫な高校に進学し
高校3年目の時体育の選択授業でバドミントンを選択。
授業が始まる前くらいで背中のボルトを取る手術をしたためスポーツもできるようになりましたが
それまでスポーツをしていなかったので授業はレポートで良いかな~と考えていた海斗さん。
そんなとき、友達に「できるようになったなら一緒にやろうよ」と誘われてやってみることに!
最初は握力もなく、バドミントンらしくはなりませんでしたが
初めて体験したスポーツであるバドミントンはとても楽しく、授業が終わっても続けたいな~という思いに。

するとたまたまTwitterでパラバドミントンの団体を見つけて
帰宅途中に即電話で問い合わせ、福岡のチームを紹介してもらったそうです。
ご両親には事後報告!行動力がすごい!!!!

バドミントンのおかげで体力もつき、体の調子も良くなり
最初はラケットを握るのも大変だったのに
福岡の大会では優勝も2回!
今の目標は全国大会で1勝することだそうです。

パラバドミントンは障がいの度合いなどは関係ないので重めの障がいだと、勝ち上がるのは結構大変とのこと。

先日は古賀市民体育館で開催されたパラスポーツ体験イベントにも参加!
田辺市長や市民のみなさんと楽しくバドミントンをされていました^^

 

小学校などへの講演会の依頼も

パラバドミントンでのイベントに加えて障がい者としての講演の機会も訪れました!
小学生への講演では「障がい者」を知ってもらいたい、
自分がこどもの頃にはやりたくてもできないこととかあったので
こどもたちには、やりたいことや、夢を追いかけてほしい!ということが伝えられたら…と。

講師業を始めようと思ったのは、障がい者の認知度をあげたい、
障がいがあっても、それを強みに変えることができるということ
障がいのある人にも、障がいがあってもできることはたくさんあるよ!と伝えたいからと
話してくださいました。

さまざまな挑戦を続ける海斗さんと同じく
エー・ワイ・エスさんも新たにネットショップを始めましたよ~!

明るく楽しくポジティブに!と営業のお仕事もがんばっている海斗さん。

障がい者雇用としてエー・ワイ・エスさんで働いていますが
山﨑社長は「障がい者健常者という考えではなく、会社に必要な人であれば障がいは関係ない」とおっしゃっています。
これからのエー・ワイ・エスさんにも注目していきたいと思います!


エー・ワイ・エスさんの記事はこちら



【記事を書いた人】
編集長 たかガール 古賀のイベントに出没していた福津市民でしたが 古賀が好きすぎて、古賀に嫁ぎ、ママになりました。 ホークスとちはやふる、福岡よしもとが大好き! 毎日楽しく料理や子育て頑張ってます\(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください