ファミリー講座&ファミサポ講習会は「自分の骨から子どもの健康を考えよう」に参加しました

1月22日(日)に行われた講習会「自分の骨から子どもの健康を考えよう」に行ってきました。

子育てのファミリーサポートセンターの講習会の一つです。(今回は年に14回あるファミリー講座と同時開催です)

講習会が始まる前に測定です。

靴下などを脱ぎます。

(私はなんとなくわかっていたのに タイツ で行ってしまい失敗しました・・)

まずは、体組成計です。

こんなレシートをもらって、お隣の骨密度測定へ。

この機械の正式名称は「超音波骨量測定装置 Benus」と言うみたいです。

足首の左右にジェルをぬってもらい、機械に足を入れます。

結果のレシートはこんな感じ。

20歳の時に骨密度測定で60代と言われ、軽くトラウマでしたが、40歳のわたくし。今回の結果は40歳代!よかったー

最後に血圧を測ります。

いよいよ本編の講習会です。

講習は2部に分かれていて、1部は保健師の吉田直美さんの〜自分の体を知って 生活習慣を見直そう〜のお話です。

さきほど計測した結果レシートの見方から始まり、骨貯金が子ども時代に必要なこと、骨を作るのにはカルシウムだけじゃだめなんだよ、などのお話を聞きました。

高血圧になるとなぜいけないのか、を初めて教えてもらいました。

血圧が高すぎると、脳の中の毛細血管に血液が流れる時に、ほそくて直角に分岐している血管があって、そこに圧力がかかりすぎるので血管が破損してしまったりするそうです。

同じように腎臓にも毛細血管が多く、ダメージを受けやすいとか。

自分と家族の血圧のこと、いままでより注意してみようと思いました。

第2部は、管理栄養士の辰市舞さんの 「毎日の食事の大切さ 〜うす味・よくかんで食べよう〜」です。

辰市さんと言えば♡こちらのイベントでも講師をしてくださいます^^

簡単こんぶ出汁の作り方も教わりました。

もしだしパックを使うときは、原材料を見て、自分のうちに無いようなものが入っているものは避けた方がいいのだそうです。

「自分のうちに無いもの」と言う基準はわかりやすいなと思いました。

また古賀市の幼稚園で行われた調査で、約8割の子どもが塩分を摂り過ぎているそうです。

子どもの舌は敏感でうすい味でもおいしく感じるのだそうです。

そして、小さい頃から濃い味になれると舌が鈍感になり、大人になるにつれ、より濃い味を求めるようになってしまうのだそうです。

うちの息子はいま1歳なので、より気をつけようと思います。

個人的には辰市さんの自己紹介のときにスライドで見た、ご旅行で訪れたというオーストリアのザルツブルクの景色が印象的でした(^^)

【記事を書いた人】
ピノコ 育児にてんてこ奮闘中のアラフォーママ。 4歳の男の子がいます。 古賀歴15年。 古賀市で結婚相談所をやっています♡古賀市で幸せな結婚をする男女を増やしたいです! 結婚相談所✳︎ハッピーハイウェイ✳︎幸せな結婚のススメ✳︎【福岡・古賀市】愛して学んで生きる♡ゆうこさんのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください