【古賀はこがんとこばい】九州歴史資料館 企画展「船原古墳の世界」【2020年2月19日】

千鳥が池のめだかさんから、ご寄稿いただきました!


九州歴史資料館で開催、展示室リニューアル記念の企画展「船原古墳の世界」

展示室リニューアル記念の企画展「船原古墳の世界」が開催されているので、福岡県小郡市三沢まで行ってきました。

福岡県古賀市の船原古墳に隣接する遺物埋納坑1号土坑からは、我が国初の発見であるガラス装飾付辻金具・雲珠や、国内3例目の九州初の馬胄など、貴重な発見が相次ぎました。

今回の企画展では、船原古墳の土坑から発見された馬具や武器・武具などの遺物が、一定の保存処置を経て展示されています。

これまでにも船原古墳からの出土遺物の展示は何度かありましたが、これだけ多数の遺物が一か所に展示されるのは初めてだとか。

九州歴史資料館作成の「船原古墳の世界」(令和元年12月21日発行)

見学に行った際に、九州歴史資料館作成の「船原古墳の世界」(令和元年12月21日発行)をいただきましたが、修復前の遺物とそのX線CT画像が掲載されてあり、展示されている実物との対比ができる面白い資料です。

〔主な展示物〕

1 用途不明金銅製品

2 耳環

3 忍冬唐草文心葉形鏡板付轡

4 車輪文楕円形鏡板付轡

5 花形鏡板付轡

6 環状鏡板付轡

7 鳳凰文心葉形杏葉

8 花形杏葉

9 棘葉形鏡板付轡

10 鈴(大型・中型・小型)

11 蛇行状鉄器

12 馬冑

13 鐙吊金具

14 鐙兵庫鎖

15 鞍金具

16 中心部別材辻金具

17 鉢状辻金具

18 ガラス装飾付辻金具

19 ガラス装飾付雲珠

20 鉢状雲珠

21 金銅製歩揺付飾金具(雲珠)

など

 

遺物埋納坑がある一帯が整備された広場。古墳本体の整備はこれから。

20191031撮影

1号土坑

20181215撮影

整備される前の船原古墳

20160104撮影
【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください