星の子文庫のクリスマス会@舞の里小学校【12月18日】

古賀市には、中央図書館というのが1つしかあります。
そのかわりに、「地域文庫活動」がとても活発です。

地域のボランティアさんが集会所などを基点にして本のよみきかせ、貸し出しなどを行っておられます。

その地域文庫の一つ、「星の子文庫のクリスマス会」に、お招きいただき、遊びに行ってきました!

2015122204

場所は、舞の里小学校。
そういえば、自治基本条例策定委員のサマーミーティングで訪れていたので、何となく場所を覚えていたので、迷子になりませんでした。
Googleマップは必須ですけどね。

2015122209

入口には、とても素敵な星の子文庫さんの案内板(?)が。
たくさんの方の想いが、詰まっていますね。

2015122205

急いでいるときに限って、急ぎの仕事が入るというマーフィーの法則のため、少し到着が遅れ・・・

小中学校のリーディングリーダーさんの話から入りました。
リーディングリーダーとは、子どもたちが自ら本の楽しさ、本を読む大切さを、伝える事で読書の輪を広げようという、古賀市独自の取り組みで、毎年、定期的に募集されています。

子どもたちが喜ぶ、たくさんの人形劇、ちょっと変わった群像読み聞かせとか。

うちの、チビ(特に息子)が、ものすごく大受けしていた白黒ダンス!
ものすごい、練習したそうです。
2015122206

 

私は、全く知らなかったのですが、世界では話題になっていたそうですねー。


これ、本家かな?

2015122207

かさこ地蔵。小学生の教科書にも載っているので、みんな夢中!

2015121801

手作りのパンのかさじぞう!中には金平糖が入ってました。
胴体には本日の上演プログラムが書いてありました。
ちょっと、持ち歩く前に写真撮影しておけばよかったと後悔。

2015121802
星の子文庫さんのブログです
是非、お近くの方は、遊びに行ってみてくださいねー。

 

 

 

【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください