古賀駅西口に「つながる居場所」を作りたい!クラウドファウンディングが始まります

 

古賀の大学生たちのプロジェクト、CREATE SPACE MIRACOさんのクラウドファウンディングが始まりました。

発起人の一人、一般社団法人こがみらいの代表である魚谷さんからもメッセージをいただいたのでご紹介します!

一般社団法人こがみらいの代表理事をしています。
魚谷千代子です。

この度、古賀駅から3分ほどの場所に、つどえる場所として、wi-fi完備コワーキングスペース、カフェ、貸会議室などの拠点を作りたいと思い、その資金の一部をクラウドファンディングで行うことにしました。

私は、市役所で女性起業セミナーを開催した時に、多くの方が、夢を持って前向きに、何かやりたいと
目を輝かせて学んである姿に、ワクワクしました!その女性たちや新しい農業に挑む青年、成人式実行委員会を担っていた学生たちの活動をみて、何か出来ないかと、考える中
起業支援を中心としたこがみらいを立ち上げる事となりました。
活動の中で、つどえる場所がいると感じ、その場所を探し探し、沢山の方の協力を得て。ようやく場所が見つかりました。

2月下旬より工事に入り、4月下旬オープンに向けて
準備中です。

皆様の、気持ちをのせて古賀を盛り上げていければと思ってます、是非、ご支援よろしくお願いします。

どんなプロジェクトなのかな?と興味を持った方は、ぜひ、リンク先で中身をみてもらえたらと思います。

ちょっと自分語りします。

私、戸田は、関西に生まれ育ちました。
福岡(古賀市)に初めていったのも、結婚前に主人の実家にあいさつに行ったのが初めて、というくらい縁のないところでした。
もちろん、友達だって一人もいませんでした。

主人の親からも「古賀はなにもない」と言われ続けていました。
(いまだにいわれる)

そんな私が、古賀でたくさんのお友達ができ、第二の故郷とまでいえるくらい、毎日の生活を楽しめたのは、読書会を始めたり、市のちょっとしたイベントに行ってみたり、つながりひろばに顔を出したりしてきたから。

古賀すたいるも、本当に手探りで作ってきました。

今回、MIRACOさんが目指している拠点が、私が引っ越してきたタイミングで存在していたら、古賀すたいるやっていなかったかも(笑)
ただ、なにかをやりたい!という方には最高のスペースになるだろうな、というのだけは感じました。
そして、ここでの出会いがあれば、いろんなことが加速するような、そんな素敵なスペースになりそうな気がして、読んでいるだけで、とてもワクワクしました。

人が集まるところには、何かが生まれるかもしれません。
いろんな世代の、いろんな人が集まる素敵な場所になるといいですね。

将来的には、たぴこや、シュリミちゃんの販売もあるかもしれませんね!

子育ては、結構、ひとりぼっち。

長女を子育てしている時、ここまで社会と断絶されてしまうのか、と正直、衝撃を受けました。(その時は在宅プログラマやってたからまだマシなんだろうけど)

昼間、子どもと二人でいると、大人と会話することがありません。スマホも普及してなかったですし、ネットジャンキーだった私もパソコン立ち上げてまでtwitterやらチャットする元気もないし(いまならやばい)。

親子でいける場所(支援センター)はあるにしても、出会えるのは「子育て中のお母さん」がメイン。
「〇〇ちゃんのママ」ではなく、話せる人が本当にほしかった。

こういう時に誰でもいける場所があったら、本当に毎日通ったかもしれないなー。という、ながい独り言でした!

 

古賀にこういう素敵な場所ができるの、ほんまに、ほんまにうらやましいいいいーーーーー!

 

こちらの記事もどうぞ

 

 

【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください