第10回オーガニック・マルシェ日土水市に出店者として参加してきました!

8/8に古賀駅前のいこいの広場で「第10回 オーガニック・マルシェ 日土水市」が開催されました。

もう10回目になるんですね。イベント1回やるのでも大変なのに10回も続けるなんて、そのご尽力には頭が下がるばかりです。

今回は、私が参画しているまちを本でいっぱいにする活動「みんふるや」として古本屋を出店。

出店者としてイベントの準備段階のミーティングから参加させていただきました。

天気予報では当日は雨の予報。前日はそわそわとしましたが、なんとか開催されて本当によかったです。

出店者としての私はといえば、「イベント趣旨にあうような本」ということで、
・食
・健康
・スピリチュアル
・ライフスタイル
などの本を多めにお持ちして臨みました。

しかし、なんといってもいちばん売れたのは絵本。

絵本はどこに持っていっても喜ばれますね!

子どもたちが絵本を見る目はキラキラしていて、こっちまで元気をもらえます。

ゲームやスマホ、タブレットばかりをいじって子どもが本を読まなくなったなんてことが言われたりもしますが、身近に本があれば、自然と興味を抱くものです。彼らはいつもワクワクするものを探しています。

日土水市はオーガニックなお店が集まるマルシェ

「オーガニック・マルシェ」というだけあって、日土水市に出店されているお店はオーガニックや自然を意識した営業や活動をされているお店ばかりです。

私はたまたまブースがお向かいになった「あーす和農園」さんのトマトを買って帰りました。

トマトなんですが、「焼いて塩で味付けして食べるといいよ」っておすすめしていただいたので、その通りにして食べましたが、トマト特有の青くささが軽減されたのかとても甘さを感じました^_^これならトマト苦手な人でも食べれそう!

ステージが賑わいを演出

ステージでは地元を中心に活動するミュージシャンの方の演奏があったり、対談イベントがあったりと、ずっとなんらかの催しがあって賑やかでした。

最後の方はたくさんの方がステージに立って合唱する姿も。みんな楽しそう♪

イベント終盤は恐れていた大雨が・・・

イベント終盤は恐れていた土砂降りに見舞われ、本にブルーシートを被せる羽目に。

いこいの広場は屋根がありますし、なおかつ自前のタープもはっていたので、多少の雨なら営業も可能だったのですが、当日の土砂降りはさすがにしのぎきれない勢いでした。

本が濡れると大変ですからね。
ちょっとだけ早めに片付けを開始して、撤収させていただきました。

大雨の勢いに地球環境の変化を感じずにはいられませんが、「日と土と水があって愛を注げば命が育つ」と謳う日土水市は、これからの地域や社会を考えるきっかけになるのではないかと思います。私としては今後も日土水市に出店させていただけたらいいなと思っていますので、「みんふるや」のブースを見つけたら、お気軽にお声がけくださいね。

このコロナ禍において、イベントが開催できるよう、各所と調整して下さった、日土水プロジェクトの皆さまには本当に感謝です。ありがとうございました。

【記事を書いた人】
フルヤモトタカ システム屋をやっているかたわら、街に古本屋のある風景を残したいという思いにかられ、みんなでつくるふるほんや「みんふるや」プロジェクトを開始。そして無事、古賀すたいるに巻き込まれ、ライター稼業に七転八倒。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください