【夏越し祓】左衛門の「博多水無月」おすすめです!【7月末までの期間限定販売】

こんにちは、ピノコです♪

6月のとある日に皇石宮にお参りした後、博多菓匠左衛門さんの工場直売所へ行きました。

お社の改築は終わっていました!

車を鹿部山公園駐車場に止めて、一度鳥居まで下りました。

工場直売所(左衛門製菓センター)は、鹿部交差点を山手に渡ってすぐです。

左衛門さんは博多ぶらぶらでお馴染みですよね~^^私は好いとーパイが大好きです♪

さて、気になっていた期間限定・数量限定販売の「博多水無月」ありました!

旧暦の6月と同じ名の「水無月」は、三角形でういろうの上に小豆をのせた和菓子。昔は、夏を越すことは一大事とされ、年の半分の6月30日の夏越祓(はら)いに水無月を食べて邪気を払う習慣があり、今も各地で続いている。

「博多水無月」はこの伝統文化を基に福岡市和菓子組合の会員一同により、街になじむ季節菓子を作ろうと1999(平成11)年に始まった。「福博の100年後のスタンダード」を目標とする。博多水無月は小豆とわらび粉を主原料にし、ササで巻くという決め事の下、各和菓子店がそれぞれの博多水無月を作り販売する。

福岡三越や博多阪急で催事もあったようです。

博多水無月の販売は各店舗で2021年7月末まで。

左衛門サンリブ古賀店でも販売中です。

1日分の販売数量は多くないため気になる方はお問合せの上行かれるといいかもしれません。(サンリブ古賀店:092-944-6131、工場直売店:092-944-1311)

(別に抹茶味もあります。)

笹の葉を開くと・・

水ようかんに近いものを想像していたら全然違いました。

ぷるんぷるん!

動画でお見せしたい!

ぜひ冷たく冷やしてどうぞ^^

幻の三奈木糖を使用しています。

今年の博多水無月のテーマは「笑う門には福来たる」。だそう。

家でゆっくり美味しい和菓子をいただいて暑い夏に備えませんか?

近くだと、福工大前駅近くの「竹鶴饅頭本舗」さんの博多水無月も気になります♪

夏越しのおお祓いと言えば、古賀神社の茅の輪くぐりの季節もそろそろですね。皆様の古賀の夏も健康に過ごせますように!

【記事を書いた人】
ピノコ 育児にてんてこ奮闘中のアラフォーママ。 4歳の男の子がいます。 古賀歴15年。 古賀市で結婚相談所をやっています♡古賀市で幸せな結婚をする男女を増やしたいです! 結婚相談所✳︎ハッピーハイウェイ✳︎幸せな結婚のススメ✳︎【福岡・古賀市】愛して学んで生きる♡ゆうこさんのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください