青柳・五所八幡宮の放生会

毎年の10月4日・5日は、青柳地区にある五所八幡宮の放生会。海の幸、山の幸、五穀豊穣に感謝し、さらに商売繁盛や交通安全を祈願する、昔から大切に続けられてきた行事の一つです。

今年は、全世帯に観光協会さんが配るイベントカレンダーの表紙がこの放生会だったりと、古賀の街のいとなみの一つとしてしっかり溶け込んでいます。

DCF00054

五所八幡宮は、なんとなくこのあたり。

神社の入り口には、大きなのぼりが。

P1000045

また、いろいろな出店もずらりと並んでいます。

P1000038

五所八幡宮といえば、「ムーミンの木」。樹齢約1000年の大きなクスノキです。
写真ではちょっと暗いのですが、放生会にやってきた人々を見守ってくれています。

P1000102_2

参道には、放生会を支えている住民や企業さんの思いの証が、明かりとして吊るされています。物理的な意味でも明るいですが、なんだか心としてもあったかくなります。

P1000104

P1000056

P1000052

敷地の一角には、奉納の一つとして華道の皆さんの作品がズラリ。思い思いに活けたお花が、やってきた方々の心をつかみます。

P1000078

P1000080

また、各種の演芸も。演芸用のスペースでは、ミカン箱をひっくり返したイスがずらり。

地元の歌自慢のみなさんが、心のこもった一曲を披露されていました。

P1000084

後半には、青柳で醤油屋さんをされている方がメンバーに参加している「舞の里おやじバンド」のみなさんのステージも。

P1000112

P1000110

脈々と続く暮らしと、その感謝にあふれた放生会でした。また来年もお楽しみに。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、今のところは顔出せず。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください