『第25回古賀市少年の船』がスタッフの仲間を募集しています。

先日、『第25回古賀市少年の船』の、子どもたちの参加者募集が始まっていることをお知らせしました。子どもたちの応募もたくさんあり、また、これからも応募があるそうですが…。

並行して、古賀市内8校の小学生と3校の中学生の合計40名を沖縄・鹿児島に引率していく、学生・社会人によるボランティアスタッフの募集も行われています。

子どもたちの豊かな未来のために、一緒に力を尽くしてくれる仲間を募集しています♪ということで、お話を聞いてきました!

P1000023

1.スタッフはなにをするの?

基本的には、レクリエーション活動や集団生活を通じて友情を深め、沖縄研修や平和学習などを行うプログラムを支えていくことですが、いちばん大事なことは、沖縄・鹿児島に子供たちを連れていき、そして、子どもたちに寄り添いながら古賀に連れて帰ってくることです。

IMGP2301

そのために、8月7日(木)~8月11日(月)の日程を、子どもたちのために割いてくれる方が必要です。学生さんもテストや実習などがありますし、社会人のみなさんも平日にお休みを取るのはなかなか大変ですね。

また、研修プログラムを充実させ、安全を確保するために、週に一度程度のミーティングを重ねているそうです。この事前の準備作業も共有してほしいとのこと。ひゃー。

2.得られること

古賀市少年の船は、未来を拓く子供たちに豊かな体験を提供するための行事ですが、子どもたちのために限りなく原価に近づけてあるため、スタッフには金銭的な報酬はありません。ていうか、スタッフも参加費を払って参加していただくそうです(驚)。

IMGP1719

IMGP2306

ただ、20代・30代を中心に、古賀の子どもたちのために…と思って参加する仲間ができることや、家と仕事場以外の時間と空間が得られるようになることが、とても嬉しいと、過去に参加されている方々はお話しされていました。

IMGP3079

IMGP1788

もちろん、生態系や文化が全く異なる沖縄に触れることや、知覧の特攻基地や沖縄での戦跡をたどることで、先人から受け継ぐ平和への想いを受け止めること、そしてそれらを古賀の子どもたちに伝える意義を見つけることも、大きな意味があるんだろう、とも。

IMGP9223

IMGP9614

加えて、単純に楽しい!というお話や、

IMGP1159

沖縄の豊かな自然を満喫したい!というお話や、

20130819-IMGP3198

IMGP2278

行先のひとつ「国頭村」で迎えてくれる、地元の方々の暖かい想いが嬉しいというお話なども話題に出ていました。

kunigami-1

kunigami-3

kunigami-2

3.どうやったら参加できる?

スケジュールの都合などもあると思うのと、今までの流れや今年の研修プログラムの状況などもお知らせしたうえでご検討いただきたいということで、お気軽にご相談ください♪ということでした。

詳しくは古賀市少年の船のホームページをご確認いただき、メッセージをくださいーとのことです。

今年、参加する予定の皆さんが、すでに準備を始めています。今年の夏への途は、まだまだ始まったばかりなので、今がチャンス?

P1000017

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください