健康づくり地域交流フェスタ~アビスパ福岡コーチ陣が、楽しくカラダの作り方を教えます~@舞の里小(1/23)

古賀市役所さんが出している行事予定表(全戸配布)の1月号を眺めていると、ほんとにいろいろな市の行事がありますが、そのなかでもなんか気になるものが。

行事予定表

ここに掲載されている情報だけではよくわからなかったので、ドキドキしながら中央公民館の中にある生涯学習推進課をお訪ねしたら、担当の方がいろいろ教えてくれました。

なんとプロサッカーチーム・アビスパ福岡のコーチの方々が、古賀の子どもたちのために古賀までやってきてくれます!

今回は、舞の里小学校を会場に行われる元気アップチャレンジの特別篇と位置づけて、保護者の方々や舞の里エリアのヘルスステーションの関係の皆さんはじめ地元の方々とともに、プロサッカーチームの指導者ならではの「楽しいカラダの作り方」を楽しむそう。

残念ながら、会場の収容人数やプログラムの運営上の制約から、今回は小学校等を通じてのご案内が届いている方々を対象に…ということだそうですが。

チラシavispa

今回は、サッカー教室ではなくて、健康づくりのためのイベントということで、じゃんけんゲームや、ボールを使った的入れ・的当てなどを楽しむとのこと。

古賀市の他の自治体でもけっこう行われているようで(例:苅田町東峰村大任町)、そちらでの雰囲気を見ているととっても楽しそうです。

アビスパ1m

アビスパ2m

担当の方によれば、参加者としての受付枠はもういっぱいだそうですが、見学であればご遠慮なくどうぞ―とのこと。

たとえば、すでに子どもだけで参加申し込みされているご家族にお父さんお母さん、あるいはおじいちゃんおばあちゃんが追加で見学についてきたりしてくれて、ご家族でここで学んだことを今後に楽しんでもらえたら、と。

また、校区コミュニティとか自治会とかで健康づくりに取り組んでいたり、子ども向けにレクレーション企画を考えている方々の場合だと、スポーツのプロによる楽しい健康づくりや、子ども向けの運動をテーマにしたアイスブレイク技法なんかは、大きく役立つと思うので、そのための視察研修だったり。

ただ、繰り返しになりますけど、他の小学校に通っている子どもさんなど、見学じゃなくて参加したいってのは今回はゴメンね、ということです。

余談

苅田町東峰村大任町などに開催例があるのは、なんでかなー??と思っていたら、よくみると「共催:公益財団法人福岡県市町村振興協会」の文字が。

宝くじの収益金を原資として、福岡県内の市町村に暮らす人々の健康・生きがいづくりのために、コンサートやこういう健康づくりイベントなどに使われているのですね。

nagare_p

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください