7月2日 古賀の新鮮な農産物が集う「軽トラ市」がありますよ!作り手の自信作を、直接どうぞ♪

雨が続く古賀ですが、初夏の訪れと恵みの雨は、古賀に豊かな夏野菜の実りの時期をもたらしてくれています。コスモス広場をはじめとして、古賀の野菜を扱うお店には青々とした野菜たちがずらり。

そして、この7月2日には、その古賀の農産物を愛情をもって育ててきた農業生産者さんが、畑から直送の自慢の農作物を積み込んでご自身が販売をしてくれるイベント「軽トラ市」が開催されます。

DSC_0254

古賀市役所さんも気合を入れてホームページ(しかもトップページ)でPR中!

気合の入っていない引用の仕方でごめんなさい
気合の入っていない引用の仕方でごめんなさい

「軽トラ市」の魅力の一つは、途中の流通プロセスを大幅に(というか、ほぼ)外してしまうので、一般的なお店で購入するときよりも畑から食卓までに到着する時間が違います。瑞々しさをご堪能あれ。

DSC_0294_3

また、消費者としては、日ごろはなかなかお会いしない生産者の方と直接やり取りができるというのも一つの魅力。「どうやって作っているの?」「生産者さんおススメの、オイシイ食べ方は?」などなど、いろいろお話をしながら、納得したものを納得した方から選んでみてください。

生産者さんのほうも、「古賀の農業のことを地元の人に知ってもらいたい」を願って年に2回、夏と冬に開催しているこの「軽トラ市」。今回ですでに9回を数えます。販売時に、古賀の特産農産物の調理方法や保存方法、生産方法についてのこだわりなどを直接伝えようと意気込んでおられますので、お楽しみに。

約20台の軽トラが集合予定とのこと。

なお、ここ数年は古賀市役所の駐車場で開催されていましたが、今年は会場は青柳のJA粕屋北部プラザ選果場(新原812-1)で。

場所はこちら↓

し・か・も、時間帯は夕方の16時頃から。

なんと、JA粕屋さんの『夏もプラッとよってん祭り』と同時開催!

13490778_1801857440044474_9183825307170458944_o

農協に加入する生産者さんの夏のお祭りとタイアップされた「軽トラ市」では、より多くの食と農の魅力が楽しめることでしょう。

軽トラ市について、もっと詳しい情報はこちら♪

オイシイ機会をお見逃しなく!

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください