佐賀のローカルヒーロー「マツバライザーK」と古賀の関係

古賀すたいるをご覧の皆様

マツバライザーKという佐賀県のローカルヒーローをご存知でしょうか?

佐賀市を流れる松原川の守り神である河童(ひょうすべ)をモチーフとしたヒーローで、各種イベントなどに出演しては、子どもたちに夢と希望をあたえてくれています。

「ヒーロー」といえば、普段はちょっとなよなよしてるけど、いざ戦いとなれば隠し持った勇気と正義感をほとばしらせ、あっという間に敵を倒してしまうみたいなキャラクターをイメージしますが、マツバライザーKはちょっと違うんです。

居酒屋で飲んでるおじさんが後輩相手にうんちくを言いながらドヤってる感じといえばよいでしょうか。「そこらへんのおじさん」感が個人的にものすごくツボなんです。

マツバライザーKの動画に古賀市が映っている!

さて、

なぜ、古賀市のローカルメディアで佐賀のローカルヒーローの紹介をしているのか?

というツッコミがきそうですが、これには理由があります。

実は、YouTubeにあがっているマツバライザーKの動画作品のロケが古賀で行われているのです。

その動画作品がこちら!

ヒーローものが好きなお子様がいらっしゃる方は是非ご一緒にご覧ください!

映像には、古賀市でアニメ文化・サブカルチャーを支え続けている喫茶トワイライトとそのマスターも登場しています!

喫茶トワイライトのマスターはマツバライザーKの中の人と古くからのお知り合いなんだとか。

https://platform.twitter.com/widgets.js

また別途、喫茶トワイライトのレポート記事は書こうと思っておりますが、マスターはとても面白い方ですよ~。是非みなさん、喫茶トワイライトに足を運んでみてください!

動画の内容に話を戻しますと、イッカケイヤー(川を見守る精霊的存在だったが、川が汚れてしまったことにより人間に復讐心を燃やす)とのバトルシーンは鹿部山で撮影されております。

動画終盤の山から街を見下ろしたシーンでは今とは少し違う美明周辺が映っていて、もはや古賀市の歴史文化記録としても重要な作品であると言っていいでしょう。

動画に映っている街並みは、今はこんな感じになっています↓↓

マツバライザーKの中の人について

バトルシーンを見てマツバライザーKの動きが、ただ者じゃないことに気づいた人も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、マツバライザーKの中の人はもともと、アクション俳優をやっていた方なんです。

アクション俳優として一線を退き、地元九州に戻られた後に

「地方でも、子供達に本格的なアクションに触れてもらいたい」

との想いでローカルヒーローの活動を始めたとのこと。

ご自身のことを河童おじさんなどと言っておちゃらけてはいますが、生き様がもうヒーローそのもの。かっこいいです。

おわりに

マツバライザーKと古賀の関係についてはコアな古賀ファンの方でも知らない人が多かったのではないでしょうか?(これを読んでくださった皆様は今日からハードコア古賀ファン)

私もつい最近まで知らなかったんですけどね・・

他にもまだまだ知らない古賀がたくさん眠っていると思うので、今後もこんな感じで掘りおこしていけたらいいなと思っております。

あとヒーローってことで忘れてはいけないのが、古賀のちびっこに夢と希望をあたえ、なおかつ食の大切さを教えてくれているヒーロー、「ヨメニコーン改」ですよね!マツバライザーKとの共演が見てみたいです(今までに共演あるんですかね?)。

では、マツバライザーKとヨメニコーン改のスイートコーン食レポ共演に期待しつつ、今日はこのへんで!とうっ!

【記事を書いた人】
フルヤモトタカ システム屋をやっているかたわら、街に古本屋のある風景を残したいという思いにかられ、みんなでつくるふるほんや「みんふるや」プロジェクトを開始。そして無事、古賀すたいるに巻き込まれ、ライター稼業に七転八倒。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください