2017年1月22日は、monさんのトーク&コンサート/ステージから想いが古賀に広がるように

2017年1月22日(日)には、古賀市役所さんが企画したmonさんのコンサートがあります。企画している職員さんたちがビデオメッセージをくださったので、動画を見れる環境にある方は、まずはご覧ください。(※ちょっと音量設定大きくしてね)

在日韓国人やADHD(注意欠陥多動障害)であるがゆえのイジメられた経験や、子を亡くした悲しみや体外受精を体験して気付けた「いのち」の大切さなどを、やさしい歌声とソフトな語りで伝えてくださるとのこと。

「うまれてきてくれて ありがとう」そんな想いがつまった90分が、1月22日(日)に予定されています。リーパスプラザこが・中央公民館・大ホールで、13時30分から開演。

ちなみに、このmonさんのコンサート、ほんとは2016年1月に開催されるはずでした。そのときも古賀市役所の人権センターにお邪魔してポスターをもった写真を撮らせていただいたのですが…

2016年1月に実施されるはずだったコンサート&トークは、残念ながら大雪に阻まれ、安全その他を考慮して中止されてしまったのでした。

1年を経て、やはりmonさんの歌声を、トークを、そしてそれらに込められた思いを古賀の方々に聞いてもらいたいという熱い職員さんたちの情熱が、あらためて2017年1月の「みんなの人権セミナー」としての企画につながっています。

ビデオ収録中も、人を思いやる気持ちを広げたいと願う職員さんたちの熱い思いが、市役所のロビーには満ち溢れていました。

うたって踊れる…?

ところで、冒頭の動画のビデオメッセージをご覧いただいた方はお気づきかもしれませんが、ステキな職員さんが「歌って踊れる」言うてます…

なんと、トーク&コンサートの企画のご紹介をするからにはと、あのダンスも披露してくださいました!世を風靡した、アレです。

賢明な読者ならもうお気づきかと思われますが、著作権その他「大人の事情」というやつで、察してくださいとしか書けないのですが、テレビドラマなどの世情も反映させながら、人を思いやる気持ちを広げたいと願う市の職員さんたちの情熱を少しでも共有していただけましたら幸いです。

※「古賀すたいる」の編集スタッフに動画編集スキルがなかったことも一因です。すみませんでした>関係各位

日常の暮らしの中に、音楽やダンスが文化として溶け込んでいるように、同じく人を思いやる気持ちを日々を生きる中に大切にできる社会を作りたいと奮闘している市の職員さんたち。

ちなみに、この日はダンスでのPRをお考えだったそうですが、別の日にマスコミの記者さんたちに発表をしたときには「上を向いて歩こう」の歌を披露されたとのこと。ちょっと前の新聞記事のコラムで紹介されていましたから、ご覧になった方々もいらっしゃるのでは。

この方々が準備するトーク&コンサート。monさんの歌と語りが何よりの当日の大きなメッセージでもありますが、舞台裏を支えている職員さんたちの活躍と情熱も、当日は会場でさりげなくご注目ください。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください