【道場破り】王丸屋さんのまわしよみ新聞に参加してきました【となりまち】

お正月、古賀に帰っていたので、奇跡的に参加できた津屋崎の王丸屋さんでの、まわしよみ新聞!

車で帰ってくるといいこともありますね。
朝早くだったので、津屋崎までの道も心配していたほど混んでませんでした(逆に午後からは混んでました)

来るたびに、佇まいが素敵になってるような。
みさと編集長と王丸屋のトオルさんが、星野源に似てるという話で盛り上がったなーとか思いだしながら。

しゃべるのと、おやつ食べるのに忙しくて、写真ほとんど撮影できてなかったので、詳しくは福井さんのFacebookでみてね。

福井さんととおるさん以外は初めてお会いする方ばかり!
普段、ほぼ家にじっとしているので、いろんな場所で活躍している社会人や、高校生なんかと出会う機会、なかなかなくて楽しかったです。

トオルさんお年玉企画(?)なのか、息子は大スクリーンで、ゲームさせていただいてました。家にゲームないのに、普通にコントローラ操っててすごいな・・・

津屋崎のまわしよみ新聞は、毎週水曜日に開催していますが、予定変更とかもあるので、王丸屋さんのぺージでご確認くださいね!

 

 

【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください