彩り工房さんで「手織り体験」してきました。2月14日まで。【となりまち】

古賀市にくる前は、「機物神社」という、織姫を祀った神社がある、大阪府交野市に住んでいました。
かなり古そうな織機が展示されていたのだけは覚えています。

IMG_5859

今回、古賀市花見にある「彩り工房」さんが、お隣の福津市の津屋崎にある、町おこしセンターなごみさんで、展示会&手織り体験ができるとのことで、チャレンジしてきました。
ちなみに、体験は予約しておいた方がいいです。

場所はコチラ。
津屋崎ブランチも、とても近いです。

ラオスのモン族の、詩集財布やブックカバーも販売されてました。

IMG_5860

とても素敵な手織りの布がたくさん展示されていました。
なごみさん、とても、設えがいいですね。

IMG_5861

この、マントの生地も手織り。
デザインも、オシャレですわ。

IMG_5863

そして、これが、本日、お世話になる織機。

IMG_5866
田辺先生の、ご主人が自作された織機の前に座って、
先生から手取り足取りで、教えて頂きます。

糸は赤と茶色をセレクト。
ペアでほしいので、2枚織ることに。
縦糸はすでにセットされているので、横糸を通していくだけ!ですが、慣れないので、本当にゆっくり、ゆっくり、頭で考えながら。
途中、たくさんのギャラリーに囲まれて、緊張しまくりでした。

先生に、ずーっと、助けてもらい続けながら、1時間くらいで2枚完成!
2枚織る時は、こんな風に続けて織るのですね。おもしろい!

IMG_5880

まだ、織り立てですが、端っこを結んで、房にしていきます。
初めての体験でしたが、とても楽しくて、時間があっという間に過ぎていきました。
ちょっと、はまりそう←多分、面倒なところを1つもしてないからですね。

IMG_5870

2月14日まで開催しているそうなので、気になった方は、是非、ご予約くださいね!

まちこしセンター津屋崎千軒なごみ
TEL:0940-52-2122

【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください