五所八幡宮の「ムーミンの木」の命名に関わった今泉重敏さん講演会!市民活動の裾野を広げる講座開催(2/6)

手前味噌なお話ですが、「古賀すたいる」が誕生したのは、古賀市市民活動支援センター「つながりひろば」が開催した広報講座や、その実践の場として開催された「フェイスブックサロン」から。ささやかな古賀のNPOとして、その誕生から現在まで、市民活動支援センターが「古賀すたいる」の運営や活動の基盤になっています。

そんな市民活動支援センターでは、登録されている「NPO団体」や「個人ボランティア登録者」それに生涯学習の一環として設置されている「人材バンク」の登録者向けに、年に一回、次年度の更新登録や市の取り組みを紹介してくれる登録更新説明会があります。

70を超える市民活動団体から、その日都合がつく方々がずらり。開催前後の世間話タイムは「最近どうよ」みたいな情報交換の機会にもなっています。

そんな今年度の登録更新説明会は、2月6日(土)の10:15から、古賀市文化複合施設2階の視聴覚室で。図書館のある建物の2階というか。歴史資料館のあるフロアというか。

その日のゲストは、今泉重敏さん

せっかく市民活動に取り組んでいる団体さんや、個人登録の方々があつまるんならと、市民活動支援センターの人たちが、より活動が活発になるように、ゲストの方をお招きされています。

2月6日に来られるのは、今泉重敏さん。

171508_106446419430435_1787031_o

なんかいろいろされてます。

なんかいろいろ行われていてうまく表現できないのですが、いろいろな地域を回って、いろいろな形でその地域を元気にする仕掛けや種まきをしている人だそうです。

で、古賀はすでにその仕掛け・種まきを10年くらい前にしてもらったそうで、今、いろいろオモシロい素材があるのは今泉さんのシゴトが活きているかららしいです。

例えば、五所八幡宮の「ムーミンの木」。

381643_225395790868830_1288615279_n

これは、2004年に今泉さんが古賀の人たちと「なんか楽しーことないかなー」と思って回っていたら見つけたものだそうで、今となっては「ムーミンの木」として案内看板ができたりパンフレットに掲載されていたりします。

そんな今泉さんの講演が、市民活動支援センターに登録されている方向けに開催。

160205_225139

企画される職員さんにお尋ねすると、すでに登録されている方向けの更新手続きのための…という会ですが、「これから登録してもいいかなー?」と思っているような方でも、ご関心があるならどうぞということだそうです。ただ、資料等やお席は、すでに登録されている方優先になっちゃうみたいですが、空いているところがあれば当日どうぞということなので、興味がある方はダメもとで会場に訪れてみたらどうでしょう。

【記事を書いた人】
千鳥足 大人の事情で、顔出しNGでしたが、最近解禁しました。 徳島県生まれ・福井県育ち。幼稚園から高校まで古賀にいたあと、茨城とか東京とか長崎とかで過ごしたのちに古賀にUターン。 趣味: 読書。遠藤周作とか吉村昭とか阿川弘之・阿川佐和子とかが好き。 お酒飲むのも大好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください