型と花と~釜我敏子の型絵染~に行ってきました【こがきもの女子部】

古賀市在住の坂崎隆一さんが、空間プロデュース
そして、型染を使った着物の素敵な展示会。

こがきもの女子部としては行かないといけないだろう、ということで行ってきました!福岡県立美術館。古賀市から車で30分くらいでした。

2016011207

 

 

何となく春らしく、暖かい色でのお出かけとなりました。
羽織にしたけど、コートでもよかった・・・。
なでしこ、タンポポ、ユキノシタ。

決して華やかではない、可憐な植物たちを題材に、とても素晴らしい着物の展示がされていました。
初期の頃からの作品も展示されていて、釜我さんの技術が、どんどんと花開いていくのも、感じられる素晴らしい展示でした。
2016011209

観覧後、おいしい、お餅とコーヒーを頂きながら、おしゃべりを楽しみました。
本当に贅沢な時間を過ごしました。
非日常があるから、日常が頑張れるのかもしれません。
着物を日常的に着たいなって思ってた時期もありましたが。

2016011208

しばらく、手帳の表紙はこちらのチケットになりそうです。
そう、手帳の会は2月7日の14時からなので、是非、予定を明けて置いて下さいね!
JR古賀駅前の、ちょっといいところを貸し切ってます。
詳細はお楽しみに!

【記事を書いた人】
初代編集長 戸田 ハイパーローカルメディア古賀すたいるの編集長をやってます。 古賀に特化した、古賀の人の役立つ情報を発信しながら、 市外の方にも、古賀の魅力を伝えて、しってもらいたいと思ってます。 読書会、手帳カフェ、まわしよみ新聞を定期的に開催してリアルとも つながる、場づくりを実験中。大阪出身、古賀歴4年目。 小学校4年生のムスメと、年中さんのムスコがいます。 【趣味】読書。有川浩から紫式部まで。ライフハック系までなんでも読みます。 【好きな言葉】出会いは偶然、恋は必然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください